FC2ブログ
えっくす☆きゅーと ふぁみりー 『少年探偵団』ゆうた 中心の人形写真ブログ

2011/031234567891011121314151617181920212223242526272829302011/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ut-42.jpg
ゆうたは小首をかしげて上向き加減の角度で撮るのが可愛さ最強と思います。
なのに上手に傾げさせるのが難しい。

ペイントアイのドールは、ドールアイをはめるタイプに比べると、表情のバリエーションをつけにくいのですが、少しは違った雰囲気も撮りたくはなります。

思ったところで固定させるには、シリコンキップでも仕込めばいいのかしら。
硬いレジンキャストならそうしますが、柔らかいヘッドだとゆがみそうな。

ut-43.jpg
角度とポージングであがいてみる。

ut-44.jpg
「探偵の目」でじっと対象物を観察。

ut-46.jpg
あとは光線でしょうか。
スポンサーサイト
ak-4.jpg
あおとハロウィンバージョンは、あおとがハロウィンで女装したという設定なので、ボディはオビツ21少年タイプでした。お迎え当初から女の子にするつもりでしたので、フレクションXSボディを入手するとすぐに交換しました。

オビツボディとフレクションボディとでは外見も可動範囲もずいぶん異なるのですね。
1/6サイズ初心者には驚きの連続でした。

以下は、あおこのボディ交換のついでに、ゆうたのフレクションXS少年ボディと可動範囲の比較した写真です。
オールヌードであられもないポーズばかりなのでたたみます。

順調に増えてます。いえ、増えてました。あおとが2人も。
twina-1.jpg
もうね。1/3サイズで増えることに麻痺しているから、2桁にならなきゃいいかって感じで、最初からハードルが低いのです。

ak-2.jpg
妹、あおとハロウィン金髪バージョンヘッドにフレクションXSボディ。ややこしいので「あおこ」と呼びます。

at-2.jpg
兄、あおとシークレットワンダーランドバージョン。

twina-2.jpg
男女で一卵性のようにそっくりな双子という、フィクションでしかありえない設定にしてあります。

今後ゆうたとも絡んで物語的展開も…などと妄想だけは膨張し続けています。
以下、妙にこだわった妄想設定。
どのサイズともマッチングしないものとは真逆に、わりとどうとでもなるのが飾りの綺麗な箱の類。

1/4サイズの撮影に使っていた紙製の宝箱。ゆうたに使うと億万長者になれそうな大きさです。(中身があればですが)
ut-40.jpg

向こう側にすってんしそうであぶなっかしい。

ダンジョンや宮殿の秘密部屋みたいに背景も大理石模様を使ってみました。
ut-39.jpg

宝箱の前では、難解な謎が扉を阻んでいて…
ut-41.jpg

「答えよ。足が六本、目が三つ、へそが二つの生き物は何か?」
ut-38.jpg
サイズ違いでどうしようもない。
人形用の小物を集めていると必ずある失敗。(みなさんありますよ…ね…?)

ut-36.jpg
レトロな電話(明治ごろ?)を模したオルゴールの中古品。

唯一抱えている60㎝級ドール、SD蒼星石(→DMD )に合うかと思ったら、送話器が大きすぎて使えませんでした。
むろん40cmクラスにも合わず。

半端にサイズが違う違和感が目立つのなら、思い切ってゆうたと組ませてしまえば、スチームパンクっぽい、妙な通信機器に見えるかなと。

ut-34.jpg
うーん…。一台では説得力が。
スチームパンクっぽくするなら、こういうおかしな機械がごろごろしていないと。そのために集めるのもなあ。

ut-35.jpg
問題は送話器の部分。どう考えてもゆうたには持ちあげられないですから。
そこを隠してしまえば、飛行船の機械室に常駐しているおやじさんが怒鳴ってきそうな(それはラピュ……)。

ut-37.jpg
じつは、ブログ開設前から妄想していたゆうたのマイ設定に、死んだおじいさんが発明家だったというのがありまして。パリから呼び戻されたゆうたがその遺産を全て引き継ぎ、街で探偵を始めてとかなんとか……(どこかで聞いたような話です)

あ、おじいさんの発明品のひとつというのはどうかしら?
でも、それならそれで、あやしげな機械がごろごろしてないといけないですね。

こうして道具が増えていくのです。
まとめ / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。